FC2ブログ

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

牛テールシチューとasianpop30

category - 訳してみた
2017/ 11/ 18
                 
先日買った牛テールを使い切ろうとシチューにしました。


20171109122130577.jpg

テールは10分煮て洗ってから骨に沿って切り込み入れておきます。それを冷凍しておくと何時でも使えて便利です。

鍋にたっぷりの水入れてコトコト4時間炊きます。土鍋で炊くと 煮えてきたら火を止めておけるので燃料と時間節約になります。似ては火を止めを繰り返して4時間たったら白いとろんとしたスープができます。野菜をたっぷり入れてドミグラスソースと味覇で完成。

今回じゃが芋の代わりに里芋を入れたのでなお食感が良かったです。里芋は嚥下が良いので離乳食や介護食にもなります。

お肉がとろけておいしかったです。



20171109122211117.jpg

早くに帰れた日で天気のええ日は奈都とベランダで日向ぼっこ。風邪ひかないで元気でいてほしいです。


さて、夜寝る前は大好きなリダ、こと、キムヒョンジュン王子とともに、、、。
asianpopというインドネシア語で書かれた2012年委発売された雑誌の解読に精出しています。70ページ全部リダの本です。24ページから4ページにわたってリダ、こと、キムヒョンジュンさんの生い立ちが書かれています。途方に暮れそうに長い文章ですが、一度やろうと決めたことは、やり遂げましょ。
20171109123530497.jpg
キムヒョンジュン一家
ご家族のお写真も嬉しいです。
そして今回はリダのお母さまの胎夢の記事でした。その話も懐かしいです。
20171109123631086.jpg
Usia 0~4 Tahun
0債から4歳のころ

Ketika baru dilahirkan, bayi Hyun Joong telah dipuja banyak orang dan populer di kalangan tetangga karena dia memiliki mata yang besar, intuisi yang tajam dan pintar. suatu hari ibu bercerita, kalau dirinya pernah memimpikan sebuah turuk penuh lobak lewat di denpannya terdapat sebuah lobak burukuran lebih besar dari yang lainnya. Dengan masih mengenakan celemek, Ibu Hyun Joong berlari mengejar turuk dan mencoba menangkap lobak besar itu. Lobak tersebut kemudian bergelinding ke arahnya dan ibu Hyun Joong pun terjatuh. Itu adalah lobak terbesar yang pernah dilihat oleh ibu Hyun Joong. Sayang, saat dirinya akan mengangkat lobak tersebut, ibu Hyun Joong terbangun dari tidurnya. Sejak saat itu, ibu Hyun Joong memiliki perasaan aneh dalam dirinya.
Apakah ini pertanda aku sedang hamil? pikir ibu Hyun Joong.  Ibu Hyun Joong pun mencoba memeriksakan dirinya ke dokter dan sesuai duggannya, sang dokter mengatakan padanya behwa dia sedang mengandung. 
Begitu bahagianya ibu Hyun Joong saat mengetahui kalau anak keduanya juga seorang putra tampan dan ceria. Hyun Joong mulai belajar berjalan ketika dia berumur 9 bulan. Sebelumnya meskipun dia bisa duduk sendiri ,tapi HYun Joong kecil belum bisa merangkak karena itulah anggota keluarga sedikit mengkhawatirkannya dan berpikir Hyun Joong kecil akan untuk belajar berjalan.
Namun,dugaan tersebut salah, tidak lama kemudian, Hyun Joong mulai merangkak dan sudah belajar berdiri dan berjalan.
Tentu saja Di ulang tahun pertamanya, Hyun Joong kecil dengan polos memberikan kue neras ulang tahunnya kepada tamu untuk memakannya.
生まれたときのヒョンジュンはとても大きな目をしていました。彼は優れた直観力もあり、多くの人に愛されました。ある日母親は大根が山積みになっているトラックが前を通りかかる夢を見ました。ほかの大根よりもはるかに大きな大根を ヒョンジュンのお母さんは 着用していたエプロンで受け止めようとしました。大根が彼女に向かって転がり、ヒョンジュンのお母さんはそれをキャッチしようと転倒しかけました。その大根を持ち上げようとしたときに夢から覚めたそうです。とても不思議な夢だったそうです。「これは妊娠の兆候かしら?」 とヒョンジュンのお母さんは思いました。 お母さんはお医者さんに行き受診しました。そこでお医者様は妊娠を告げました。
ヒョンジュンのお母さんは、彼女の第二子も また、ハンサムで陽気な息子であることを知ってとても幸せに思いました。ヒョンジュンは生後9か月で歩き始めました。家族の新しいメンバーとなったヒョンジュンは一人で座れるようになることも早く、歩くことも早くできるようになりました。ヒョンジュンはハイハイも覚え、立って歩くことも 早くに覚えた。 もちろん、ヒョンジュンの家族は、彼の目覚ましい成長を見て驚き、そして喜んでいる。
彼の最初の誕生日、ヒョンジュンは誕生日のケーキを無邪気にゲストに食べさせた。
Dan selama sesi Toljabee (tradisi memilih barang saat anak berusia satu tahun untuk memperediksi masa depannya), hyun Joong kecil harus melilih beberapa barang yang ada di sekitarnya. Pada saat itu, keluarganya dengan sengaja meletakan buku dan pinsil yang berarti akan menjadi pengusaha, di sampingnya. Saat diprediksi,sikat merah bagi Hyun Joong untuk mengambil sikat yang berada di sampingnya. Saat diprediksi,sikat merah bagi Hyun Joong untuk mengambil sikat yang berada di sampingnya. Saat diprediksi, sikat melambangkan bahwa suatu seorang sarjana.
そしてトルチャンチ(1歳の子供が将来を予測するときにアイテムを選ぶという伝統)の間に、小さなヒョンジュンは彼の周りのアイテムのいくつかを選び出さなければならない。

トルチャンチは韓国の子供のお祝いの中で一番盛大に行うもので,一歳の誕生日に行います。日本のお食い初めって感じかしら?
 親戚や友人を招待して御馳走を振る舞い、招待客はさまざまな贈り物を持参します。韓国では昔この日に(トルトッ)と言うお餅を作ってお客さんはもちろん近隣の方々にも振る舞いたくさんの人に振舞うとそれだけ赤ちゃんが幸福になると信じられたそうです。
 そのお返しに餠を頂いた家では空のお皿を送らないで糸や衣服、お金や指輪などの贈り物をお皿に盛って返したそうです。


当時、彼の家族は彼の隣に 起業家になるであろうという意味の 本と鉛筆を 意図的に置いていました。もう片方のヒョンジュンの隣にとりやすいように赤いブラシを置きました。ブラシは学者になると予想されているのです。
20171109124954880.jpg

今回お母さまの胎夢の話、そしてリダが生まれたての時のお話で楽しかったです。
確か、デビュー当時のMpicのインタビュー リダが 胎夢についても語ってました。韓国では胎夢 (テモン)태몽 はとても大事なものだということもリダを好きになって初めて知りました。胎夢の内容で、生まれる赤ちゃんの性別や将来を占ったりするので、とても韓国の方にとって大事なものだということもリダを知って初めて知ったことです。
赤ちゃんの時のリダ
リダ子供時代
それにしても、何度見てもリダの子供のころもお写真は愛らしいわあ、、、。

今はめちゃ素敵やけれど。
リダがいつも優しいのはご両親に愛されて大事に大事にされて育ったからでしょうね。
今度のソウルのファンミでもその優しい笑顔でファンを魅了してくれることでしょう。

私自身へのクリスマスプレゼントはこのインアーコアのDVD.早く届きますように、、。

KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2017 "INNER CORE"(初回限定盤)[DVD]



関連記事
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。