柚子胡椒と別府のレポート

category - SS501キム・ヒョンジュン
2017/ 07/ 11
                 

暑すぎて、昼ご飯はところてん。三杯酢が、疲れた体にしみわたります。
大分県の湯布院の会社の黄金柚子こしょうを、里帰りしたお友達にいただたの。これがおいしいの。食欲ない時の特効薬になりました。からしの代わりに、ところてんに柚子胡椒もあいますね。ほんの少し乗っけると、ピリッとして、唐辛子とは違う刺激で。
ところてん食べて1時間後。妙に、胃が動き、お腹がすいたという感覚になれておにぎり食べれました。
暑い日の柚子胡椒、ええですね。
日々の食卓から、九州の応援も細く長くしたいです。


別府公演に行かれた大分県在住のこうこさんから丁寧なメール頂戴しました。
ありがとうございました。嬉しかったです。

べっぶのテープ
おお~~~テープ!赤だったんですね。この色もきれいだわ。

K[別府は一番小さい会場でしたが、とても盛り上がって、(小さい会場だからこそ皆さん盛り上げようと必死でしたので)リダは会場くまなく回ってくれました
狭い、通路とも言えないような隙間も通ってくれて、すぐ近くで皆さんリダに逢えました二階にもたくさん手を振ったり、目線を合わせたりして、心配りが嬉しかったです。」

K[大雨の件にもふれ、心を込めて歌ってくれました」
リダ、九州の皆様のこと心配し、応援したいと思っていると思います。みんなで心ひとつに頑張ろうって思ってると思います。

K[それから、「今心を込めて歌いたい唄は(僕が生きている理由)です。
練習生と歌手との違いは「僕のことを愛してくれる人がいるかどうかだ」
僕が生きている理由は、皆さんがいてくれること皆さんがいるから、生きていける」と話してくれました
そして何度も「愛しています」と言ってくれて感激でした。」

↑嬉しい言葉ですね。うるうるきます。
M!PIC
m!pickにデビュー前の SS501が初出演した回を思い出しました。
もともと優しいリダです。ただ照れ屋さんで恥ずかしがりで。
あのかわいい少年が,30代になり、うんとうんと男っぽくなり。
喜びも悲しみもいろいろなことを経験し。気持ちを素直に伝えたいという思いにならはったんでしょうね。
あかん、、、うまく言葉にできません。またうるうる来ています。

K[は雰囲気がよいので、毎回は無理でも、また来たい。と言ってくれました。
握手の時、「また来てね」と言ったら、はっきり「はい」と答えてくれて、嬉しかったです
初めてリダに会った友人の友人は「すてきだったまたコンサートに参加したい」と言ってくれました」

↑嬉しいです!!こうこさんのお友達の方、リダのも好きになってくださいね。

K[途中でリダに「可愛いい~」と声かけがありました。すると「もうかわいいと言うのはちがう」とリダ。すると年輩らしき男性が「かわいい」と大声で声かけ。それには素直に「ありがとうございます」と応えていました(年輩の方から言われるのは仕方ないと思ったようです。)微笑ましく思いました

それから「いろんな会場で一つは新しい歌を歌いたいと思っていますが、残っている歌がもうなくて・・・」 と言うと、
会場から「ネモリ」「RizeUp」「ヘンボキラン」など声が上がりました。

「あ~、そう言えばありましたね~」ってリダ。
ちゃんと自分の歌った歌覚えててね(まあ~それがリダですけど・・・)
そこで出たエピソード。
「ヘンボキラン」はカバー曲なんだけど、
オヤジ、息子と呼び合う 前事務所の社長と飲んでいる時、「この歌が好きだから、歌ってみろ」といわれてて歌うようになった。(内容がややうろ覚えですが、そんなことを言っていたような)」

↑リダ、、病気で倒れられた前の社長のこともとても気にかけておられたの。久しっぶりにそんなお話聞けてうるうるきました。

K[楽しくて幸せな時間でした
次回逢える日を楽しみに待ちたいと思います」

こうこさん、素敵なレポートありがとうございました。

ヘンボギラン、幸せとは。
この歌私も大好きです。 ちょっとカタカナも入れてみました。
花より男子ジフ
花より男子ジフ
花より男子の挿入歌やったですね。
このころのリダは、まさにギリシャ神話から抜け出たようでした。

ヘンボギムオシンジアルスヌンオプチャナヨ
幸せが何か分からないでしょ

タンシンオムヌンヘンボギラン イッスルスオプチャナヨ
君のいない幸せなんて ありえないんです

イセンミョン タパジョソタンシヌル  サランハリ
この生命すべて捧げて 君を愛そう

イモクスムタパジョソヨンウォニサランハリ
この生命すべて捧げて永遠に愛そう

イビョルマヌンマラジョヨ
別れだけはしないでくれ

ネギョテイッソジョヨ
僕の傍にいてくれ

リダ、今までのあなたの歩んできたすべての日々がファンに とっても、宝物です。

大分
そしてこれから先も、、、、
あなたがいてくれるこの時代に生まれてこれたこと、幸せです。
北海道から九州まで日本中にいらしてくださってありがとうございます。どうぞ、くたびれませんように。
よう寝てよう食べてください。どうぞお元気でいてください。





関連記事