秋色柿の葉寿司とHOTSUNチキンのリダ5

category - 2010~2012年
2016/ 11/ 26
                 
20161121232715366.jpg
友人E子のおうちには柿の木があります。今年赤色がいつにも増して美しいです。
「柿、持って帰るう?」「実ィより、柿の葉っぱくれへん?」
作ってみたかったの、柿の葉寿司。赤く色づいた葉っぱ見てたらどうしても秋色の柿の葉寿司を作りたかったの。

大きくて艶々したんを12枚もらって来ました。家に帰ってすぐ葉っぱの塩漬けを作りました。E子の亡きお母さんからE子に伝わる柿の葉寿司の作り方を私も伝授してもらいました。ありがとうございました。
材料 柿の葉12枚 塩大匙1 酢小さじ1
作り方 1柿の葉はきれいに洗い、塩を振ります。2ナイロン袋に入れて酢を垂らし、密封して、重石をします。柿の葉を塩漬けにしておくといつでも使えるので便利です。

柿の葉っぱを漬けながら、思案しました。近所のスーパーでは新鮮なお魚には出会えない。仕事のシフトを見ながら、市場にええ魚を買いに行ける早番の日を探しました。
指折り数え、いよいよ、ええ魚を隣の市まで買いに行くことのできたその日。
大阪北部の台所、天満市場で のお刺身の短冊を買ってきました。鯖はええノンなかったの。なので、で作りました。
20161121230934973.jpg
柿の葉寿司12個分(2人前)材料 
刺身短冊(酢大さじ2 塩小匙半分より少なめ 摩り下ろした柿6分の1) ご飯1合半(昆布5センチ角) タマノイすしのこ18g レモン汁小さじ1 
作り方 1ご飯は昆布を入れて炊きます。水加減は普通です。2 炊き立てご飯にすしのこ、レモン汁を入れてすし飯を作ります。
3押し型に、ご飯を3センチぐらいの厚さに入れ、ぐっと押し、5分ぐらい置いときます。
は5ミリの厚さにスライスし、合わせ酢に5分ぐらい漬け込みます。その時に柿を隠し味で加えます。が白っぽくなったらOK.
5 3のご飯をいったん方から取り出し、12等分します。6ご飯の上にを乗っけて柿の葉で包みます。市販のようにきれいに包めなくても大丈夫。7 柿の葉で包んだ寿司を型に並べていき、力を均等に、押し付けます。重石はしません。そのまま、半日から1日、涼しいところで保管します。(冷蔵庫には入れません)
我が家は1日おいといて、次の日の夕方、いただきました。
柿の葉の香りが寿司に染みて、おいしかったです。家で作ると、減塩で作れます。ご飯の固さも好みにできるのでいいな。
友人にラインしました。「先日はありがとう。柿の葉寿司作ったの。」
「あれから葉っぱの塩漬け作ったよ。ようけあるからまた持っていくね。」
嬉しなあ、、、。ありがたいです。
今年は秋があっという間に過ぎ去ったようにも感じます。けれど食卓にも秋色を。日々を楽しみたいです。

押し寿司型 特大 233158
今我が家にある押し型より使いやすそう。これ、買いたいなって思案中です。

さて、今夜も王子様の画像の整理。たまりにたまった画像をブログに移すのも楽しみです。リダ、こと、キム・ヒョンジュンさんのHOTSUNチキンの画像もたくさんあって嬉しいです。
今日はチキンを持ってたり、チキンをかじってるリダを。
チキンかじるリダ9
チキンかじるリダ5
チキンかじるリダ3
チキンかじるリダ2
チキンかじるリダ4
チキンかじるリダ7
リダが食べてるお顔っていいなあ。
幸せな気持ちになります。
チキンかじるリダ
チキンかじるリダ6
リダは、チキンを持っても、マイクを持っても素敵やわ。

そういえば、、、長いことフライドチキンを食べてへんなあ。急に食べたくなった私でした。


関連記事