韓国おでんと花より男子

category - 花より男子
2016/ 10/ 31
                 


韓国風おでん作りました。
鶴橋の屋台でも売られてる、細長い練り物を串に刺したあの形。
20151230163301123.jpg
↑鶴橋で見かけた時は、感激したものです。
韓国のおでんは、오뎅(オデン)と書くそうです。日本ではすじや大根など好きな具材を入れますが、韓国のおでんは練り物のみです。お店お店や家々で味付けがいろいろあるそうですが、私が食べたお店は、ダシダといりこで味付けするそうです。
この細長~~い練り物見かけたことないです。先日行った鶴橋のスーパーでも探せなかったわ。
ところが、代用できそうな大きなさつま揚げ見つけたの。
いちまさの「うすくて大きなさつまあげ」。これを使って韓国風おでん作ってみました。
韓国おでん1
横に4等分して、2つ分を一つの串に刺してみました。
おでん2人前 うすくて大きなさつまあげ1袋3枚  東京ねぎ半本 牛肉ダシダ小匙半分 砂糖小さじ1 醤油小さじ1 にぼし6本  水500CC  ヤンニョム(にらみじん切り大さじ1 輪切り唐辛子少々 醤油小匙1 ごま油小匙半分 コチュジャン小匙4分の1)
韓国おでん
作り方 1煮干しはわたを取り、ミキサーにかけて粉にします。2ねぎは薄切りにします。
3 鍋に水を入れ、煮干しにダシダ、ネギ、煮えて来たら、弱火にし、砂糖、しょうゆで味を調えます。 4その間に、さつまあげを串にさします。5 3に4を入れて弱火でゆっくり温めます。
その間に、おでんのヤンニョム作り。6にらを刻み、唐辛子は、種を取り輪切りにします。7醤油に、ごま油、コチュジャンを加えて、1を混ぜます。
8おでんが煮えたら、器に盛りお汁をたっぷり入れて、いただきます。お好みでヤンニョムをつけて食べてもおいしいです。

薄くて大きなさつまあげ、は、しっかり味もついてるし、うす味のおでんつゆに入れると、うまみが出て、スープがよりおいしくなります。薄いけれどしっかりした生地やので、串にさしやすいです。
久しぶりに韓国おでん食べてうれしかった。はぁ~温まったし、おなかがいっぱいになりました。
いちまさファンサイトファンサイト参加中
一正蒲鉾株式会社
韓国のおでんが食べたっくなったわけ。学生時代からの先輩と話してからでした。
その先輩のおうちは、今までテレビを置いてなかったの。子供たちの教育のためにテレビはおかないというご主人。ですが、テレビやデッキを最近買ったそうです。
「だって、テレビ禁止やってパパはいうけれどね。子供たちもパソコンやスマホで見てるんやもん。禁止にする意味がないやんか。
「これからは、映画とかドラマとか、ええの、見たいわ。」っていう先輩に「花より男子」をお貸ししたの。そしたら、気に入ってくれたの。
「あれ、面白いわあ。」
「よかった~、ユンジフ役のキム・ヒョンジュン氏、素敵やろお?うちの王子様なのよ。神が宿ったみたいに美しいでしょお?」
ユンジフバイオリン
「ああ、、ま。彼もきれいやな。でも、私は、主役の男の子がええわ。」
「あら、、そうですか。ふ~~ン、先輩はそっちがお好みやのね。(ちょっとテンションさがる私)」
「韓国のドラマ見てたら、韓国におでんがあるンも知って面白いわ。」

「でしょ、でしょ。先輩もそう思ったでしょ?おでん、辛くないよ。おいしいのよ。」
話に花が咲きまして。
それから、韓国のおでんがうちの頭に何日もぐるぐると。無性に食べたかったの。食べれてうれしかった。

ン、でも、先輩は、ミンホ氏がええ、って言うたけれど、うちは、ぜ~~たいヒョンジュン王子さま。
ギターを弾くユンジフ
ギターを弾くユンジフ
お墓参りのユンジフ
どのシーン、どのシーンも大好き。
花より男子は、うちの中では永遠なのです。
花より男子ジフ

あ、今度先輩に会うときに、「イタズラなキス」も持っていこうっと。ぜったい、リダが、好きにならはるわ。


関連記事