あさりうどんと鳳蘭さん受賞

(2016-04-30)
20160426061425496.jpg
先日、あさりを入れたおうどんを食べたくなったの。細うどんを軟らかめに焚きました。
20160426061451697.jpg
熊本産のアサリと大分産のセリを使いました。熊本はかつて全国一位の収穫量を誇り、現在もあさり漁は盛んです。しかし、地震の影響で海に大量の土砂が流れています。土に埋もれてアサリが息ができなくなって死んでしまうこともあるそうです。アサリ業者さんたちが海に入り、アサリをひとつづつ探しては洗って、守っておられます。余震も続く中で、大変なご苦労なさって、出荷していると思うと、大事に頂きたいです。
食卓から熊本、そして大分応援したいです。
主人と二人で、いただきました。
材料 うどん2玉 セリ半束 ヒガシマルうどんだしのもと2袋 お湯500CC
うどん2玉を、たっぷりのお湯でゆでます。
2その横の鍋でヒガシマルうどんだしの素を2袋を500CCのお湯に溶きます。
32にアサリを入れ、セリを入れます。
4ゆでたうどんをざるに挙げて水を切ったら、どんぶりに入れて、3を加え出来上がり。

「【くまもと応援!】からし蓮根、いきなり団子…ご当地レシピ」コーナーにレシピを掲載中!
今日、ニュースで、鳳蘭さんが旭日小綬章を受章されたと聞きました。おめでとうございます。
鳳蘭さん
(写真の出どころは、http://natalie.mu/stage/news/185332)
「宝塚の頃から舞台に立つのが大好きで、お客様に喜んでいただいているのを感じることが私の幸せでした。そんな大好きなお仕事でこのような章をいただき、本当に幸せ者だと思います」

鳳さんは、宝塚そのもののような方です。祖母や母が宝塚大好きだったので私も連れて行ってもらってましたが、鳳さんはうちが物心つく頃からトップスターさんでした。もう50年上舞台に立っておられます。
鳳さんにお手紙渡した小学生に入るか入らないかの私の頭を撫でてくれたことを覚えてます。
退団されてからも、数々のミュージカルに出演されておられます。気品あり、ワイルドでもあり、でも気さくなお人です。電車の中で、偶然ご一緒になった時も、母と私に舞台への愛を熱く語ってくださった方です。(母が感激して、後々までもテレビに鳳さんが出るたびに語ってました。)
鳳さんの舞台は、母との思い出にも重なります。観劇のあと、花の道を主題歌を歌いながら手をつないで帰ったものでした。
神戸出身のお人で、阪神淡路大震災の時は、神戸復興のために尽力してはりました。
「ほんまの復興は、大通りのビルがきれいになるだけではないんです。表通りはがれきもなくなり、ビルも新たに建ち、きれいになりましたけれど、、、。路地の裏の裏まで。以前から暮らしてた人みんなが、元の暮らしに戻れなんだら復興とは言えないんです。これからも頑張りましょう。」その言葉が今も心に残っています。

震災の前に、観た鳳さんのベトナムを舞台としたミュージカル「ソングオブサイゴン」は、私の中でバイブル。(劇場のエレベーターの中で母と私と鳳さんの3人が偶然乗って、母が舞い上がって喜んだことも今ではええ思い出。)
何かつらいことがあったら、思い出す舞台です。
ベトナム戦争下のサイゴンで、死にゆく兵士たちを励ますために踊り続けた一人の日本人女性マリコさん。実在の人物です。その舞台は、20年以上たってもまだ心に残っています。

「この前、一緒にいた友達はどうしたの?」「あいつはあの日、死んだよ」「ああ、そう」
話はそれで終わってしまう。死は当たり前のようにそこにあった。人が死んでいてもご飯も平気で食べれるようになる、それが戦争よ。でも、いつかは平和な時が来るわ。そんな日が来るわ。

鳳さんの舞台は何かあるたびに、勇気をくれます。

神戸の震災で、宝塚大劇場もしばらく閉鎖でした。宝塚在住のスターさんたちも皆さん被災されました。
東京で復興チャリテイ公演で、歴々のトップスターさんンが並ぶ中、ひときわ存在感があったんは鳳さんでした。まだ本家の宝塚劇場の周りはがれきも多く、壁に飛んできたクーラーの室外機が刺さってるような状況でした。
東京の宝塚大劇場に スターさんが集まってチャリテイイベントをしてくれました。
その模様は関西でも、放映されました。神戸在住の友人たちは避難所でそれを見て、涙を流したと。多くの多くの人が、熱い涙を流しました。私も母や友人たちと、その放送を見て、泣きながら歌いました。
思い出しても鳥肌立つほど感激します。
社会を揺るがす非常時に、「エンターテイメントが必要とされるのか」という難しい問題は議論が起こっています。
が、宝塚の再開は復興の象徴の一つであると私は思います。子供のころから慣れ親しんできた劇場の再開はうれしかったです。
再開の舞台では被災した方も大勢も来てはりました。「家はまだ直ってませんねんけど、とりあえず来ました。」とお隣のお席の方がいわはりました。「冷蔵庫も食器棚も歩いてきて、みんな粉々になってしまいました高いものから割れていきますね。プラスチックの食器しか残ってませんわ。」と後ろのお席の方も言いました。
それでも夢の舞台を見たい。そんな時やからこそ、きれいな世界を見たい。
宝塚を象徴するトップオブザトップの鳳さんがパワフルに活躍してくださる姿も、頼もしくうれしいです。
宝塚歌劇OG公演「DREAM,A DREAM~宝塚歌劇100周年前夜祭~」も、すてきでした。


セ・マニフィークC'est Magnifique フランス語でそれは素晴らしいという意味。鳳さんの代表曲の一つのセ・マニフィークは、パワフルで。1977年の星組の主題歌です。まさに、鳳さんのための歌やと思います。
退団後も、イベントのたびに、この歌を鳳さんが歌ってくれると、おなかの底から元気もらえます。
これからも、どうぞ、歌い続けてください。
ますますのご活躍をお祈りしています。


関連記事

tag : あさり うどん せり 鳳蘭



FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
大事なお友達
カテゴリ
プロフィール

たーぼのはは

Author:たーぼのはは
大阪の竹やぶに住む主婦です。パート、家事、家族の用事にバタバタしながら夜中にSS501のキム・ヒョンジュン氏にひそかに恋してるブログです。

SS501を応援してます
2005年にデビュー。あの頃も今も素敵な5人です。
5th Anniversary The Best(初回限定盤A)(Blu-ray Disc付)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QRコード