スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

山芋いっぱいのお好み焼き

category - 我が家のごはん
2016/ 04/ 26
                 
20160425084719567.jpg
最近、しょっちゅう焼くのは、お好み焼き。息子のお友達にも好評なの。
一人で3枚も食べてくれたお友達ががいてくれたんですって。青森出身のその彼は「お前んちのお好み焼きはうまい!」って言うてくれたそうです。うれしいわ~。
遠い青森から下宿してるお友達。時々、息子の部屋で泊まってくれるんですって。彼にとって一番おいしいご飯は、青森のお母さまが作りはるものに決まってるねんけれど、大阪のおばちゃんのもおなかすいてるときに食べてくださいな。息子と仲良くしてくれてありがとう。これからも、どうぞよろしくね、の、気持ちを込めて作りました。
せっせと7枚焼いてクール宅配便で送りました。。
20160425084402693.jpg
材料 
(生地に使うもの) 小麦粉2カップ 水1カップ すりおろした山芋30センチ分 卵3個 カツオの粉お玉半分 千切りにしたキャベツ半玉 刻み葱1パック 天かす半カップ ちくわ輪切り1パック 乾燥小エビ10グラム  
(具に使うもの)ラードお好み焼き一枚に対して小さじ1 卵はお好み焼き一枚に対して1個 薄切り豚250グラム カツオの粉適宜 のり適宜 紅ショウガお好みで  そしてブルドックうまソースをお好み焼き一枚あたり、大匙1~2.
20160425084431994.jpg
卵と山芋でふわふわの柔らかい生地にします。小麦粉はできるだけ少なくしたら、柔らかくてふわふわ。そして天かす、これは必需品。
20160425084506601.jpg
キャベツなどの具を入れていくと、2リットルの鍋にいっぱいになりました。
作り方
1フライパンがあったまったらラードを入れ お玉に山盛りの生地を入れます。その上に豚を乗せます。
2最初強火、すぐに弱火。蓋をして5分 じっくりゆっくり焼きます。ひっくり返してさらに5分弱火でゆっくり焼きます。
弱火で焼くのが、ふわふわの秘訣。
20160425084552901.jpg
3両面が焼けたら、一度お好み焼きを取り出し、卵を割り入れて、その上に素早くお好み焼きを入れます。
卵に火が通ったら出来上がり。ソースや海苔、カツオの粉など振りかけて食べましょう。
ソースは、ブルドックのうまソース。焼いたり炒めたりするとなおおいしくなる万能なソースなの。塩気がきつすぎない、香辛料が強くなりすぎない、野菜などのうまみが出て、最近の我が家のお気に入りです。
ソースのにおいは、疲れた時にも、元気になります。お好み焼きは嚥下の悪いお年寄りにも食べやすいし、一人暮らしの息子にもチンしたら即食べれるので、助かります。野菜がたくさんとれるンもうれしいです。
疲れてても 食べなあかんよお。

うまソースの料理レシピとレポート


関連記事
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。