焼筍をセボリーでぽたぽた焼き

category - 未分類
2016/ 04/ 14
                 
20160415104046181.jpg
休日の朝は、ちょっくら時間をかけて焼筍にしました。
20160415104006591.jpg
お隣さんにいただいた筍は、皮に切り目を入れて、たっぷりの水で30分ゆでました。ぬかもいただいたので、それも一緒に入れてゆでたのですが、そこに小さじ1の重層も一緒に入れてゆでるとなお絵組がなくなって食べやすいです。
茹で上がった筍は皮のままジップロックに入れて、冷蔵庫で保存。こうしておいたらいつでも食べれます。

身内の入院騒ぎで、忙しかったこの何日か。ようやく落ち着いたので、ほっとした朝は、ゆっくり朝ごはん。
材料 タケノコ20センチぐらいの半分。醤油大匙2 セボリー小さじ1 バター大匙1
1たけのこは電子レンジにかけてあっためます。
2その後、グリルで弱火でじっくり焼きます。
3その間にたれを作ります。木の芽を摘みに外に出たら枯れてました。
なので、GABANのセボリーで代用しました。醤油に混ぜるだけです。
木の芽とは違いますが、春を感じさせてくれる香りです。香りが強すぎないので木の芽が苦手な人も、食べやすいと思います。ややスパイシーなのも斬新なおいしさ。
4焼き色がついて来たら、バターを乗せて。刷毛で、3をつけてタケノコを焼いて出来上がり。
春の恵みをいただきます。
旬なものを食べて、元気でいようね。
スパイスでお料理上手 1日を元気にスタート!手早くおいしい朝ごはん


関連記事