スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

伏見稲荷でウリキョロ思い出す

category - たまには外食
2015/ 03/ 09
                 
20150308143326200.jpg

宇治に眠る父の墓に参りました。帰りに伏見稲荷にお参りしました。
ひさしぶりでした。父や祖父母とお参りした幼い日よりこのお宮さんはうちの心の故郷のように思います。


全国に30,000社あるといわれるお稲荷さんのその総本宮が伏見稲荷大社です。
奈良時代から1300年もの歴史のあるお宮さんです。
行けども行けども、鳥居。
登れども登れども鳥居。

黙々歩きました。
千本鳥居と言われてますが、今は一万以上あるそうです。
ただただ、歩きました。
清少納言もお参りした時に、急な山道に非常に苦労したと書き残しています。
自分の足音と心臓の音を聞きながらひたすら歩くの。
踏みしめている石の階段も、その昔、誰かが苦労して敷いてくれたのでしょう。多くの多くの人がこの道を通ったのでしょうね。

途中で、うちの妄想頭にはウリキョロの登山のリダがよぎりました。
20150308163656601.jpg

妄想の中でリダこと、キム・ヒョンジュン氏と一緒。
不思議とそこからは楽しかったの。

鳥居の途切れてる山道もえっちらおっちら。
一時間半ほどで頂上。京都の町が一望できました。

うちの気分はまさにこの画像のよう↑

今回のお参りの目的があったの。http://www.goriyaku.kotomeguri.com/spot/g_stone/omokaru.html伏見稲荷の中にある京都のパワースポットであるおもかる石さんにお参りしたかったの。

omokaru
のぼりの途中にある灯篭のおもかる石さんにもお参りし、下りの腰神不動明王さんの横にあるおもかる石さんにもお参りしました。
腰神さんの社務所で、昆布茶いただきました。
「ようこそ、お参りです。」疲れた体にしみわたるような昆布茶でした。嬉しかったです。
さて、そのおもかる石。
願をかけて石を持ち上げた時、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶うといわれ、重ければ叶わないといわれています。

願うは、キム・ヒョンジュン氏のお幸せ。
リダ、ええことだけありますように、、、。ややこしいことが早く解決しますように。

ほしたら、軽かったんですよおお~~~~♪
ひょいと、持ち上げれたン。

うれしかった。

リダ。すべてはうまくいくよ。
神様はあなたに微笑む。
沢山のたくさんの人があなたの歌に酔いしれ、あなたの笑顔に微笑む。ステージに立つために生まれてきたようなあなたに、神様も微笑む。
多くの多くの人を幸せな気持ちにさせてくれるあなたに、神様は微笑む。

祈るしかできへんファンです。なんにもして差し上げれないファンです。でも、でも、あなたとあなたのご家族のご多幸を祈っています。
あなたに何年もときめかせてもらえてるから。あなたが私にくれた日々のときめきはかけがえのない時間。
あなたにうちは恩返しがしたいねん。でも、何もできへん。せやから、祈ります。

ふもとについて、茶店で食べた稲荷ずしとうずらの焼き鳥。
20150308190627172.jpg
おいしかったあ。

お稲荷さんは、素敵な出会いもくれました。
伏見稲荷の駅は自販機も1個しかなく、外国語の案内はありません。一人の若い男性が困っておられた様子でしたのでお声かけました。
「めいあいへるぷゆー?」通じました。「あーゆーちゃいにーず?」アニエヨ、韓国からの方でした。
「オデイッカヂカニ?(どこまで行くの?)」京都駅という答えが返ってきました。
切符を買ってお渡ししたら、財布を広げてお金をそこから取ってくれというん。
「ケンチャナ。ソンムル。イルボヌン、チョロギヨ。」(日本を楽しんでね)って言うてみたら、何度も何度もカムサンミダていわはるねん。
稲荷から京都駅まで140円やのよお。そんなことで何度もお礼言うてもらって。恐縮しますう。
京都駅に行く間、おばちゃんの片言のハングルにお付き合いくださってありがとうございました。
18さいだそうです。息子と同じ年頃でした。京都の親戚のおうちに行く前に伏見稲荷に来たと。(そう言うたと思う)
SS501が好きなの!!って言うてみたら、にっこりしてくれた。
「チョンマルユウミョンハンデ。(とても有名です)」
嬉しかったわ。
息子と同じ年頃の男の子を見たら、なんでもあげたくなってしまい。持っていたキットカットと飴ちゃんとぽかりもどうぞと押し付けてしまいました。喜んでくださってうれしかったわ。
ss501
日本に来たてのころのSS501の面影をその青年に重ね、後姿を見送ったのでした。
若さは、何よりの強み。
しっかり自分の人生を歩いて行ってください。

ちょっと遠出。ええ一日になりました。


blogram投票ボタン

↑お帰りの際はこの二つにポチくださいませ。
SS501を応援したくってのランキングに参加してます。SS501応援ブログをベスト10で埋め尽くしたいです。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

Re: タイトルなし
> いい出会いでしたね。
> 素敵なお話を読ませて頂き、久しぶりに心がほっこりしました。幸せおすそわけしていただいた気分です。
> ありがとうございます(*^^*)


若い男の子見たら息子とダブってしまいあれこれ世話を焼きたがる私です
優しい好青年でした。
稲荷さんのくださった出会いが嬉しいです
Re: タイトルなし
> ははさん、こんばんわ
>
> 宇治という地名が出てきてビックリするやら、嬉しいやら
> あたしは宇治の隣の城陽ってとこで生まれ育ちました
> 田舎ですよ
> 宇治のように有名な何かがあるわけじゃないし
>
> そして、伏見稲荷
> 毎年新年に変わる頃に旦那と二人初詣に出かけます
> 彼方まで続く鳥居をひたすら歩きます
> 子供がなかなかできなかったあたしは、伏見稲荷の中にある子授かりのお参りもかかしませんでした
> なので、ははさんとこんな御縁があるのがとてもうれしいです
>
> しかし、ははさん、あっぱれ
> 韓国の方に話しかけるなんてスゴイ!
> あたしも恥ずかしながら何年も勉強してますが、絶対に緊張して無理だな
> 素敵な出会いでしたね
> きっとその韓国の青年も素敵な思い出になった事とおもいます
>
> あちこちで梅がとても綺麗に咲いてますよね
> でも、伏見は桜もすでに咲いてました
>
> リダくんも始まりの年
> 素敵な春がきっと待ってるとあたしも信じてます

墓参りやなにがしかで京都に行くと落ち着きます
あの町はしっとりして行くと英気をもらえます
伏見稲荷は久しぶりでした。
古代の方々からずっと庶民が祈り続けるお宮さん、見えない大きな力を感じました。
無心になって山を登ること。
祈ること。
多くの多くの方がそうして、歴史を作ってきたんでしょうね。
京都の奥深さは計り知れません
そんな空間にたたずんで一時を過ごせてよかったです。

いい出会いでしたね。
素敵なお話を読ませて頂き、久しぶりに心がほっこりしました。幸せおすそわけしていただいた気分です。
ありがとうございます(*^^*)
ははさん、こんばんわ

宇治という地名が出てきてビックリするやら、嬉しいやら
あたしは宇治の隣の城陽ってとこで生まれ育ちました
田舎ですよ
宇治のように有名な何かがあるわけじゃないし

そして、伏見稲荷
毎年新年に変わる頃に旦那と二人初詣に出かけます
彼方まで続く鳥居をひたすら歩きます
子供がなかなかできなかったあたしは、伏見稲荷の中にある子授かりのお参りもかかしませんでした
なので、ははさんとこんな御縁があるのがとてもうれしいです

しかし、ははさん、あっぱれ
韓国の方に話しかけるなんてスゴイ!
あたしも恥ずかしながら何年も勉強してますが、絶対に緊張して無理だな
素敵な出会いでしたね
きっとその韓国の青年も素敵な思い出になった事とおもいます

あちこちで梅がとても綺麗に咲いてますよね
でも、伏見は桜もすでに咲いてました

リダくんも始まりの年
素敵な春がきっと待ってるとあたしも信じてます
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。